後遺症の障害等級

交通事故の治療がある程度進み、完治にまで至らなかった場合には、医師の判断で「症状固定」になる事があります。症状固定とは、治療による完治がなかなか見込めず、完治時間にしてもリハビリを行いながら症状が一進一退する状況で、回復や憎悪がなくなった段階で、医師の表現での増悪とはこれ以上症状が悪くならない事を意味しています。

この症状固定後に残った症状の事を後遺症と呼び、認定によってその後遺症の障害等級が定まる事になる訳です。これは「後遺症障害」とされ、傷害部分の治療費とは別にされ、損害賠償の対象となります。

この症状固定は、損害賠償上の都合で行われるもので、完全に怪我が完治しない事がわかれば、長期にわたる治療が加害者側に負担となるとの考えの救済措置であり、残った症状については後遺症障害として損害賠償とする事で、問題解決を早期に行うというものです。

症状固定を行うと、治療費や休業損害などが請求できなくなり、賠償上は傷害部分の治療の終わりを意味しています。保険会社は、この症状固定を早く収めたいと願っており、書類を送り付けて治療費の完了を求めますが、あくまでも決めるのは、長く治療を続けてきた担当医師と被害者が決めるものです。